2017年11月15日

アーリークロスにリベロディフェンスを組合せるメリットとおすすめ選手

今日の使用感ブログは公式大会のエリア大会で活躍しているアーリークロス+リベロディフェンスという戦術のメリットについて書きたいと思います。

まずはアーリークロスにリベロディフェンスを組合せるメリットですが、単純にパスコースが増えることによりマークが緩くなる。

基本的にアーリークロスは通ればゴールする確率が高いですが、なかなか通らないのが弱点でした。

その弱点をカバーするのがリベロディフェンスです。

この辺りは今のWCCFは良く出来ていて、FW2枚を中央に置く、もしくはセンターフォワード1枚+ウイング1枚配置に比べて、リベロディフェンスを足すと前線の枚数が+1枚されます。

その結果、パスコースが増えてアーリークロスが繋がりやすくなります。

更に言えば、リベロの選手が前線に駆け上がるのでマークも外れやすく、フリーになりやすい。
加えて前線に枚数が多いので前線奪取がしやすいというのも良い点です。(しかも前線にいるのがDFだし)

こんな感じでメリットがたくさんあります。

一応、デメリットも書いておくと、DFラインに穴が空くことです。

当然ながらDFが上がっていくのでその部分がぽっかり空きます。

そこをカバーするのが監督の腕の見せ所で5バックにする人もいれば、ボランチにレアを割いてDFラインにボールがいく前に取り切ることを考えている人なんかもいます。

デメリットもありますが、得点が入りにくい現在の仕様から考えるとメリットの方が大きいのではないかと思います。

最後におすすめ選手を何人かピックアップします。

現状、大会で多く見かけるのはリベロディフェンスのレアKPレイバリエンテを持っているSPSセルヒオ・ラモスです。

次に多いのが同じくレアKPのフォアスティールのダビド・ルイスです。
好みの問題ではありますが、イメージ的にはダビド・ルイスの方が少しシュートが良くて、ラモスの方が守れるイメージです。

それ以外で可能性があるとすれば、黒のフォアスティール持ちのピケかなと思います。
NEW8にもなるので、悪くない選択肢ですが、少しシュートが微妙ですが、データ対戦では勝ち上がっているチームがあるのでチーム次第なのかなとも思っています。


セルヒオ・ラモスとダビド・ルイスがどんどん高騰しているので、使うなら早く買うべきかなと思います。
逆に試してみたい、というレベルの人はピケで試すのがおすすめです。







ランキング上位目指してますので、こちらからあんてなに行っていただけるようお願いします!
WCCFブログあんてなに参加しています。
おかげさまでときどきランクインしています!
posted by JACK at 18:01| Comment(0) | wccf攻略

2017年11月03日

DFラインの高低が与える影響

今日の使用感ブログはDFラインを題材にしたいと思います。

DFラインが高いとき、低いときでどんな影響があるのか書きたいと思います。

最初に結論書いとくと、今はライン高い方が強いです。

理由は下記をみていただけるようお願いします。

まず、DFラインが高いときは中盤・前線との間隔がコンパクトになりプレスがかかりやすくなります。

ラインが浅いため、逆に裏を取られる確率は上がります。

ラインが低いときは裏を取られにくい反面プレスがかからずアーリークロスやスルーパスも出されやすくなります。

現状は裏を取られるリスクよりもフリーでアーリークロスやスルーパスを出されるリスクが大きいのでラインを高くしてプレスをかけた方が強いと感じます。

理想を言えば、ライン低くしたときはアーリークロスを跳ね返す確率が上がるとか、もう少し目に見えて変化が欲しい。(今も上がってるかもだけど)

ライン高い方がデメリット小さくてメリットデカいので、現時点では対人もデータ対戦もライン高いのを推奨します。

ランキング上位目指してますので、こちらからあんてなに行っていただけるようお願いします!
WCCFブログあんてなに参加しています。
おかげさまでときどきランクインしています!
posted by JACK at 19:39| Comment(0) | wccf攻略

2017年10月31日

WCCFにおけるDFラインの構成の考え方

最近、DFの動きに一部変化が出てきていると思います。

ちょっと前までフォアチェック型、要するにプレスガツガツかけるタイプの選手がプレスの延長線上でカバーしていましたが、最近はカバー範囲が狭くなったり、裏を通されたときに追いかけなくなったりしています。

この変更が理由で白で言えばクリバリ、レアカードで言えば、セルヒオ・ラモスは少し弱体化している印象です。

そこで、注目されるのがカバータイプのDFです。

最近の注目株で言えばシレア、関西を中心に人気が出てきているようです。

私が最近、使った選手だとネスタはかなり良くなっている印象です。

以前に比べてカバー範囲が広がっており、フィジカルもあるのでかなり良くなっています。

そして、DFラインの構成を考えると、サイドバックはフォアチェック、センターバックはカバーにするのが安定かなと感じています。

後はボランチの中にもカバータイプがいるとバランスが取れる感じがします。

ただ、ボランチはカード移動である程度のカバーが出来るのでそこは自分のプレイスタイルで決めて良いかなと思います。

こういう細かいチューニングが楽しめるバージョンは対戦も面白いので、最近は楽しくなってきています。

ただ、楽しくなったところで公式大会が終わるというのは少し寂しいものがあります。

ランキング上位目指してますので、こちらからあんてなに行っていただけるようお願いします!
WCCFブログあんてなに参加しています。
おかげさまでときどきランクインしています!
posted by JACK at 11:34| Comment(0) | wccf攻略
タグクラウド