2017年09月24日

各ポジションの優良白カードとして最低限欲しい数値 FW編

今日の使用感ブログは先日書いた各ポジションの優良白カードに最低限欲しい数値 GK・DF編各ポジションの優良白カードとして最低限欲しい数値 ボランチ・トップ下編の続きを書きます。

今日は「各ポジションの優良白カードとして最低限欲しい数値 FW編」です。

各ポジションの優良白として最低限欲しい数値シリーズ最後のFW編ですが、割とシンプルです。

まずはオフェンスが17、数値で言えば最低17ですが、シュートが入ることが最重要です。

シュートが入るということはヘディング含めてなのでパワーも15くらいは欲しいところです。

後は裏に抜けるスピードはある程度欲しいのでスピードも15は欲しいところです。

ただ、パワー・スピード共に15だと微妙なので、どちらかが17以上は欲しいです。

また、ポジション適性も重要で対人で使うのであれば、ウイング適性とセンターフォワード適性の両方が欲しいです。

ウイング適性がない場合はセンタリングが山なりになりますし、センターフォワードの適性がなければヘディングシュートがへろへろになりますので、ここはかなり重要です。

以上が優良白カードのFWに最低限欲しい数値でした。

ランキング上位目指してますので、こちらからあんてなに行っていただけるようお願いします!
WCCFブログあんてなに参加しています。
おかげさまでときどきランクインしています!
posted by JACK at 20:10| Comment(1) | wccf 優良白カード

2017年09月23日

各ポジションの優良白カードとして最低限欲しい数値 ボランチ・トップ下編

今日の使用感ブログは先日書いた各ポジションの優良白カードに最低限欲しい数値 GK・DF編の続きを書きます。

今日は「各ポジションの優良白カードとして最低限欲しい数値 ボランチ・トップ下編」です。

まずはボランチですが、最初に求めるのは守備。

最低でもディフェンス13、パワー15は欲しいところです。
ディフェンスは最近の優良白は14以上あるカードも増えているので、ディフェンスとパワーを足して29以上、出来れば30あると理想的かなと思います。

それ以外の数値はオフェンスは11、テクニックは12、スピードは13、スタミナ16あればなんとかなる印象です。
あくまでも最低限なので、これより高いに越したことはありません。

この中でもスタミナは16はないと交代枠の必要性も出てくるので出来れば欲しいところです。

後はKPも重要でこのポジションで最低でもダイナモ持ちが一人は欲しいかなと思います。

次にトップ下、サイドMFとも言います。

まず必要なのは球離れよく正確なパスを出す能力。

数値で言えばオフェンス14、テクニック14くらいが最低ラインという感じでしょうか。

今のバージョンだと前線である程度の守備が出来ることも求められるので、ディフェンス10くらいは欲しいかなという感じです。

また、数値ではないですが重要なのはPKが入ること、適性はAでも良いので高確率で入ることが求められます。
前線3人で外すとPK勝つのはかなり難しいですからね。

以上が優良白カードのボランチトップ下に求められる数値や適性になります。

ランキング上位目指してますので、こちらからあんてなに行っていただけるようお願いします!
WCCFブログあんてなに参加しています。
おかげさまでときどきランクインしています!
posted by JACK at 16:06| Comment(0) | wccf 優良白カード

2017年09月22日

ATLEーREで出し直しがあるかもしれないレジェンドカード

今日の使用感ブログは過去のATLEカードから今後ATLEーREになるかもしれないカードを探してみたいと思います。

昨日書いたWCCF KOLE・ATLE数値まとめ(レジェンド数値一覧)を調べたときに色々とデータを見たので数値も参考にして選びたいと思います。

付録でATLEーREサルバトーレ・スキラッチ(ジュビロ磐田)が出てきたので、基本的にJリーグに過去に所属していた選手は可能性がかなりありそうなのでその辺りも考慮して選んでみたいと思います。


まずはカレカ、ガリー・リネカー、ミューレルといった大物ストライカー勢(ミューレルはストライカーじゃないかな)、全員査定が低すぎる印象はありますが、この数値なら白でも全く問題ない数値となります。

カレカ
19/4/18/15/17/14/87

ガリー・リネカー
20/4/18/12/18/13/85

ミューレル
18/4/15/15/19/14/85

次にカマモト、オクデラ、カザマの日本人レジェンド、特にカザマはJリーグ開幕後まで現役だったので可能性が有りそうです。


クニシゲ・カマモト
19/2/16/18/14/14/83

ヤスヒコ・オクデラ
13/14/14/12/16/16/85

ヤヒロ・カザマ
16/6/19/11/14/14/80

最後はアベル・バルボ、ダニエル・フォンセカ、ミヒャエル・コンセル辺りの当時の金枠の中ではかなり数値が低い面々。

バルボとフォンセカは白なら使う人いるんじゃないかなと思います。

アベル・バルボ
18/5/17/17/14/15/86

ダニエル・フォンセカ
18/5/15/16/15/14/83

ミヒャエル・コンセル
8/19/9/17/12/11/76

この中から1枚くらいは漂白の可能性があるかもということで楽しみに待ちたいと思います。

ランキング上位目指してますので、こちらからあんてなに行っていただけるようお願いします!
WCCFブログあんてなに参加しています。
おかげさまでときどきランクインしています!
posted by JACK at 21:10| Comment(4) | KOLE&ATLE数値
タグクラウド